◯撮影は可能でしょうか?
➡️一般の方のお写真は可能です。動画はご確認ください。また、着物業者の方の見学は、特別に許可された方のみとなりますので、ご了承ください。
○TPOなど、どんなものを選べば正しいのかなど分からないことばかりです。教えてもらうことは可能ですか?
➡️勿論お教えさせて頂きます。着方や、着る場所のご提案もさせて頂きます。
○桐箪笥を持っていないのですが、着物の保管方法やクリーニングなどのメンテナンスは、どうしたら良いでしょうか?汚したりしないかも心配です。
➡️今は、着物保管用の袋などもあり、防湿防カビを兼ねてくれるので、例えばベットの下などに保管されても大丈夫です。また、クリーニングや汚れ落としも、全て工房で出来ますし、クオリティは京都でも最高ランクの内容でお応え出来ます。それでいて流通がないので、価格はお値打ちに出来るのも無駄の無いところです。
また、ガード加工というものを着物にかけることで、汚れを弾く加工を施せます。ファンデーションなどの染み落としも無料になりますので、よく着られる方にはオススメ致します。
○呉服屋さんでなく、工房で購入するメリット、デメリットを教えてもらえますか?
➡️メリット→染めを目の前で見られること。着物は勿論、小物やお仕立て代のお値段が非常にお値打ちなこと(半額から70パーセントオフとなります。)。また、定価であること。こだわり抜いた本当に良いものだけをご覧頂けること。展示会ではなかなか見れない量の、たくさんの作品をご覧になれると共に、オーダーなどもご依頼頂きやすいこと。着付けも学べること。裏話を聞けること。汚れ落としなど、呉服屋さんで断られたもの、高額なものでも、あらゆる京都の職人の横の繋がりを使い、解決出来るように試みることが出来ること。販売会と違い、ゆっくりご覧頂けることです。
デメリットとしては、ご予約頂いてからのご来店になりますので、ご予定の調整をしていただくこと。気軽に立ち寄れないことが挙げられます。そういったお客様の心理は承知の上で、是非お気軽にご予約くださり、見学だけでもお越しくださいませ。大歓迎いたします。
○母や祖母の着物が何枚かあります。今の自分がどんな風に着たら良いのか、アドバイスもらうことは出来ますか?
➡️喜んでさせて頂きます。ただ、着物は、やはり衣服ですから、流行りがあるもの、ないものは存在します。いたずらに何でもそのまま着れると言うのではなく、大切なお着物を、きちんと今着やすいように、お似合いになられるようにコーディネートのアドバイスをさせて頂いたり、時には染め替えなどもご提案させて頂いております。→お直し事例はこちらから
○近くに喫煙出来るカフェなどはありますか?父を連れて行くのですが、時間をもてあましてしまわないかと思いまして。
➡️ご案内させて頂きます。
○その日、せっかくなので京都観光もしたいのですが、時間はどのくらいかかりますか?また、近くに何か名所はありますか?
➡️二条城や壬生寺があります。また、近隣であれば、工房見学の前後に送迎なども出来ますのでご相談ください。
○着物や帯以外のものも取り扱いありますか?
➡️小物類も全て揃えて頂けます。
○平日の夜しか時間を空けられないのですが、何時くらいまで可能でしょうか?
➡️夜はご希望であれば何時まででもさせて頂きます。ただ、染めの見学は20時までとなります。その後は、ビデオ映像などでご対応させて頂きます。
○一緒に家族も見学に行きたいのですが、何人まで可能でしょうか?
➡️古い方の工房は、スペースの問題で5人程度までとなります。
◯予約してまで伺って、何も買わずに帰りにくいと思ってしまいます。本当に見学だけでも良いのでしょうか?
➡️もちろん大丈夫です。その為に、見学だけの目的の場合は、ガイドツアー代2000円頂戴しております。(ご招待・ご紹介の方は無料となります。)
また、工房には扇子などの小物やシミ落とし一枚のご相談などもして頂けますので、その際は、見学代金は無料になります。
◯案内してくださる方は、どんな方でしょう?雰囲気を知れたらと思います。
ご案内するのは、全国を巡り、年間1500人をコーディネートし、同時にものづくりするという、全国でも珍しい着物作家の作家本人の四代目加藤洋平。そして、お出かけ会や工房体験・着付け教室と、様々な活動を共に支える、妻の加藤瞳です☆


月並みなご挨拶より、踊ってみました(笑)

着物って、楽しいから着るんです。着れば見えなかった場所や人に逢えるし、その気になれば、世界の誰にでも会いに行ける。そんな風に、伝統って、芯は大真面目だけど、楽しいから残るんだと思います。

↑経歴は、真面目です(笑)ジャンプで賞金獲得したり、レクサスに京都代表に選ばれたりと、たくさんの活動をしております。