ヒカリノヒガサ

「風」が日傘に染まりました。光を通すと彩が踊りだします。楽しい日も。悲しい日も、さした貴方に幸せな風が舞い込みますように。

 

♦他にはありえない、着物のコーディネート♦

 

着物用の日傘は、着物作家には染められません。染めても一夏過ぎるころには色褪せてくるからです。着物に合う日傘を。そして、風彩染の着物をお持ちの方は、全身のコーディネートになります。