着物のTPOによる種類

こちらでは、TPOに合わせた種類分けでご紹介させて頂きます。

お着物にはTPOがございます。

結婚式に出席するのか。お子様の入卒式にご引率されるのか。街でcafeやショッピング、コンサートに行くのか。

その区分けは明確なものから微妙なものまであるのですが、こちらのレンタルをしてくださる方には、それぞれの場で存分にお楽しみいただけるよう、また、どんな場にも失礼のないよう、ご案内したいと思います。

結婚式などのお祝いの「式ごと」には、「訪問着」をご着用ください。

訪問着とは、縫い口で柄が繋がるように染められたお着物です。染め方の難しさはコチラ。

「縫い口をまたいでも線が繋がる。それは、縁が繋がる。という言葉に通じる」と覚えてくださればと思います。

また、特に晴れやかな日でもありますので、明るい「ハレ」の日の色目をお召しになられるのも、華やかで良いかと思いますが、もちろんシックな色目でもオッケーです。

 

街に出かけるスタイルには、「小紋」がおススメ。

「小紋」とは、パターン柄のこと。同じ柄が一反中連続しています。「型染」や、「プリント」が「小紋」では普通の作り方です。

風彩染の小紋は、全て手描き。最も価値ある小紋です。川床でのお食事や観劇、雑貨屋さんなどに行くのも良いですね☆

Follow me!