アフターケア事例とお値段

こちらでは、これまでの事例から、汚れた時やお仕立てなどにかかった実際のお値段を書かせて頂きます。

シミなどは詳細なお値段はそのケースによりますが、ご参考にされて、ご依頼くだされば幸いです。職人直通の価格と、京都中の職人に依頼できる柔軟さと腕前で、貴方の着物を守ります。

洗い

洗いは、汗をそれほどかいていなければ、ワンシーズン着た後でも大丈夫です。ただし、汗だくになった場合は、その場は大丈夫でも、時間が経ってから汗ジミになる場合がありますので、2週間以内に汗抜きに出して頂くことをお勧め致します。(「丸洗い」は脂分の洗いで、汗は取れません。)

少し汗ばんだ→ワンシーズン着て丸洗いお着物5800円振袖7,800円長襦袢5,000円
汗だくになった時→丸洗い+脇の汗抜き丸洗いに+2,500円 
背中から腰も汗だくになったとき→広範囲の汗抜き丸洗いに+5,000円
単や夏物の時の汗だくで、帯も汗で濡れた場合→帯の汗抜き汗抜き 2,000円~4500円(汗の量によります)

汚れた時

汚れは、時間が経つと「ヤケ」という状態になり、非常に落としにくいシミに姿を変えます。そうなると、費用も余計にかかるので、遅くとも一か月以内にはシミ落としに出すのがお勧めです。

衿にファンデーションが付いた時(他のシミもあれば同時に取ります)3,000円
ボールペンが付いた時(1か所)3,000円
袖にトマトソースの付いたペンネが転げた時(10センチ四方)5,000円
裾一面に泥ハネが凄かった時(30か所)10,000円

箪笥で眠っていた着物に手を通したい時

POINTは2つ。「カビを含めたしみ抜き・洗い」と、「サイズ直し」です。しみは「黄変」と呼ばれる「ヤケ」に姿を変えていることが多く、「しみ抜き」も、非常に困難な「黄変抜き」になり、職人によって、直せる場合と直せない場合が出てきます。また、カビが見受けられた場合は、「洗い」も、一度解いての「洗い張り」からの「お仕立て」が必要となります。

「お仕立て」は全て「国内手縫い」です。

シミなどは無いが、箪笥の匂いが凄い→匂い取り7,500円 
袖の長さが足りない→裄直し12,000円~17,000円(どれだけ足りないかによります)
見幅が合わない→見幅直し25,000円~30,000円(どれだけ足りないかによります)
身丈が合わない→身丈直し24,000円
袖の長さが目いっぱい出しても足りない→足し布をして裄直し裄直し+生地代5,000
裾の長さが目いっぱい足しても足りない→足し布をして身丈直し身丈直し+生地代5,000円
シミはないけど、裄も身丈も目いっぱい出しても足りない→古いものなら、洗い張りしてお仕立て直し、上記の生地足しの方がお得です。洗い張り6,000円+お仕立て35,000+裄継ぎと身丈継ぎ16000円+足し布生地代10,000円で合計67,000円
カビがある・黄色いシミがある→解いての洗い張り・お仕立て・黄変抜き○訪問着59,000円(シミの付いた胴裏・八掛を新品に交換代金込)
○単仕立て41,000円
上記に、黄変抜き代金別途(シミの量によりますが20,000円~)
大工事事例①へ
シミの無い反物をお持ち→お仕立て(国内手縫い)国内手縫い仕立て〉 
留袖68,000円
振袖60,000円
○訪問着・羽織・コート(袷仕立て)
53,000円
○単仕立て35000円
○胴抜き仕立て43,000円
○羽織・コート単仕立て40,000円
○長襦袢25,000円(お振袖用は28,000円)
○帯10,000円

しわが気になる

着物の生地は絹ですので、しわがいかない生地というのはありません。また、「吊っておけばしわが伸びる」などと仰る方がいらっしゃいますが、それはごく一部の生地であり、高級正絹生地でも吊っているだけでしわは伸びません。それどころか、長く吊ると、裏生地とのギャップが生じますので、着た後吊るのは3時間程度がお勧めです。

着た後に、しわが付いている→プレス加工でもとに戻ります。2000円( 自分で当て布して蒸気アイロンする方法もありますが、裏生地とのずれが出るので推奨されません。 )
プレス加工をしてもしわが取れない→ご相談ください。京都産業技術研究所などの公的機関の力も借り、原因を調べます。5000円(ご相談だけは無料)

今後気軽に&お得に着物を着たい方へ

着物に、業界最大手の「パールトーン」というガード加工をかけることが出来ます。水気を弾くだけでなく、ファンデーションや袖口などの軽い汚れは無償で10年保証してくれます。生地の風合いは変わりません。

パールトーン加工賃 10,000円

アフターケア特殊大工事事例☆

こちらには、大工事の事例を載せております。大工事ほど、腕の良さが肝心。そして、お値段も高くつきます。多くのお直し職人さんと関わることで、最上の技、そして、直接取引のリーズナブルさを実現します。実際のお値段も明記しておりますので、ご参考にされてくださいませ。

実例①50年前のお着物を、綺麗にシミ落としとお仕立て実例②破れとカビ実例③生地が破れた振袖実例④成人式で着た真っ赤な振袖を今着れる色に変える実例⑤地味すぎて使えない帯に色を入れる実例⑥年代物の大島紬を、トキメク色に染めかえる
お母様とおばあさまの思い出の着物を、蘇らせました。

ご料金・詳しくはこちら
たばこの灰での生地の破れと、カビから「黄変」した絶対取れないシミへの施工を致しました。

ご料金・詳しくはこちら
ご親戚で使うお振袖。ところどころ破れたお振袖に、「同じ柄を染めてあてはめる」と言う大工事を致しました。

ご料金・詳しくはこちら
染め替え,着物
大切なお振袖今着れる着物へ、大変身。さらに、切った袖はバッグへ変身しました。

ご料金・詳しくはこちら
http://www.kazewosomeru.com/2018/11/08/%e7%99%bd%e5%9c%b0%e3%81%ae%e5%b8%af%e3%81%8c%e7%94%9f%e3%81%be%e3%82%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b/
白い帯を、色彩豊かな帯へ染め替えました。

ご料金・詳しくはこちら
おばあさまの大島。良いものだけど、さすがに地味だし時代が出ている。。なのを、今着れるお着物に染め替えました。

ご料金・詳しくはこちら

一真工房のアフターケアが選ばれる理由

①アフターケア以上のことが出来ます。
通常のシミ落としやお仕立てだけでなく、お持ちのものの活かし方や、コーディネートなどもご希望であればご提案いたします
一真工房は、京都で150年続く着物づくりの工房でありながら、芸能界の方を含めて年間600人をお見立てするコーディネートのプロフェッショナルです。
また、どうしても落ちないシミに絵を描き足すことや、染め替えの時にあらゆるTPOやご自身の個性を考えた染めるプロとしてのご提案も、呉服屋ではなく工房ならではのものです。
②技術力日本一
多くの職人を知っています。通常の職人さんが落とせなかったシミも、他の方にお願いすることで落とせる場合があります。京都中の職人が、貴方の着物を守ります。
③価格がお値打ち
職人直通の価格です。黄変のしみ抜きなど、難しい加工ほど得になるお値段帯です。
「余談」
しみ抜きの職人さんは、加工賃が大変安くでされる方が多いです。そして、値段を上げることもなかなかできません。一真工房では、職人さんの加工賃を一切値切りません
また、お仕立ては、海外で仕立てられることが大変多くなりました。これは、100万円越えのお着物でも、5万円のお着物でも同じことです。(5万円のお着物はミシン仕立ての場合もあります)

あまりにその傾向が強いため、国内のお仕立て師は、減少の一途を辿っています。実際の値段差は僅か数千円です。一真工房では、基本的にご要望が無い限り、国内手縫い仕立てにしております。価格は呉服屋さんの海外仕立てと同程度か、より廉価になればと思い、設定しております。


アフターケアのご相談は、お電話・メール共にお受付しております。お持ちになるのが難しい方は、京都市内であれば車でお伺いいたします。ご質問も、お気軽にお尋ねください。

Follow me!