技術

「全て手染め」


海藻で作った水で生地を濡らしながら、筆と刷毛を使い染める、「濡れ描き友禅」というぼかし技法を源流とします。

 

 

 

 

 

技術

こちらでは、こだわりの「技術」のお話をさせて頂きますね。

そもそも着物の工程はたくさんの段階を経て出来ていきます。大雑把に書けば、「図案」「下描き」「線描き」「色挿し」「ぼかし」「引き染」「金彩」それぞれの間に色留めのための「蒸し」や余分な成分を流す「洗い」や、縮んだ生地を元に戻す「のし」など、数多くあるわけです。

一真工房が出来るのは、「水洗い」と「のし」以外の全て。これは、京都でもとても珍しいことになります。

その中でも、特に珍しい技法をいくつかご紹介致します。全てが、一真工房の美しさの秘密になっています。

柄の縁取りは、墨の線描き。「カチン描き」

カチン描きは、桃山時代からの技法と言われる、線描き技法です。

着物生地は、絹です。にじみをコントロールして、極細密の絵を描きます。これほどの細密は、日本の中でもほとんどありません。

それは、着姿の繊細な美しさ、細かな表現力に繋がっていきます。

色を付けていく

さらに、そこに色を付けていくのですが、これが通常の京友禅・加賀友禅より難しくなります。通常ならば、「カチン描き」の代わりに、「糸目糊」というもので縁取りを取るわけです。だから色がはみ出さない。そして縁取りの糊の所は最後まで色が入らないので、白い縁取りとして残るのが一般的な友禅染の特徴なのですね。風彩染には糊は使わないので、白い縁取りはありません。カチン描きが細ければ細いほど、後の色挿しが大変になるわけです。

筆で直接描いていく「素描友禅(水墨画)」

詳しくはこちら
素描友禅は、100人いた歴代の職人の中でもごく数人しか描けません。着物は先述した通り「分業制」です。そもそも絵が描けないという方も多いですし、絵に関しても、色を付ける人と、図案を描く人は違ったりするわけです。しかし、素描友禅はそうはいきません。まさに絵画を一発勝負で描いていく水墨画になります。

また、一真工房のお花の絵は、生け花から来ています。母一真けいこは、未生流の師範として19歳の頃からお花の教室もしておりました。その構図には、着物を超えた日本の息吹が吹き込まれております。

風彩染

最も特色となるのは「風彩染」という商標登録の染め方です。

技術の高さ

様々な技術が一真工房の着物にはこもっています。その一例として、「合口(あいくち)合わせ」をご紹介致しましょう。

着物は縦約13メートル、幅約40センチの反物の状態で染めるのはご存知でしょうか?なのに、縫ったら絵柄がピタリと合う。これが技術なんですね。

その中で、最も難しいのが、「ぼかし染めで色を合わせること」なんです。

 

 

「二枚の水彩画を描いて、一枚に揃える」と言えば、分かりやすいでしょうか?

風を描くためには、芸術家のアドリブだけでは決して出来ない、カチッとした仕事をする職人気質も必要な、両方兼ね備えた技があるのです。

訪問着の難しさはこちら

小紋の難しさはこちら

 

 

Follow me!