初めてのお誂えを最高級で。「イチゴイチエ」

 

なたを最も輝かせるをご存知ですか?

「それを一緒に見つけたい。

【1万通りの無地染め】のお着物ご用意致します。」

「無地」とは:1色染めのお着物のことです。紋を入れれば結婚式にも参加できますが、紋を入れずに街着として楽しむことも出来ます。無地だからこそ、そして、すべて同じ形の着物というものだからこそ、ご自身の最高にお似合いの色が見つかります。そして、生地の良さがものを言います。

♥【注文は工房にて】♥

販売価格(お値段は全て税別)

お着物お仕立て上がり¥108,000(通常¥180,000)【5柄まで無料で柄足し】

お着物+帯¥151,000(通常¥290,000)【帯は西陣の織帯になります。】

お着物+帯+お着物着るために必要な小物全て¥198,000(通常¥360,000) 【草履・足袋・半襦袢・裾よけ・腰紐4本・伊達締め2本・帯じめ・帯揚げ・帯枕・帯板・衿芯】

全て工房直売のものとなります。(一真工房初お誂えの方への特別プランとなります。ご紹介者様と共にお誂えの場合は、ご紹介者様が初お誂えでなくともご利用いただけます。)工房にいらして、実際の生地や、カラーコーディネートをして頂きます。工房見学の雰囲気はこちらからどうぞ。

工房見学はこちらから

「イチゴイチエ」の特徴

生地は、最高級を用います。また、地紋も、古典もあれば、まず見ることの無い独特のものまで30反以上ご用意しております。無地は、生地の地紋が肝となります。 最高級生地の一例はこちら

一真工房の無地は染め方にこだわります。通常、無地のお着物は、既製品か、限られた色からのセミオーダーが基本です。一真工房は1000色から選べます。また、染め方も、5~10枚程度を一度に染める浸染を基本としますので、手染めの一枚ものの無地の価値は一点物ということです。また、無地を染めたことがある方が周りにいらっしゃれば、「生地見本より、染め上がりが明るく感じた」と言う方がいらっしゃるのではないでしょうか?実は、着物とはそういうものなのです。それを計算して、実際は、少し地味な色で染めるのです。それは、実際染めている人間しか感覚を掴めません。染め元で創る無地をお楽しみください。

一真工房の柄は、150年の歴史に裏打ちされた柄です。ご希望の方には、5柄無料で手染めさせて頂きます。お花なら、生け花の免許皆伝の腕から来る特別な図案です。また、アリスや動物柄などの斬新な柄も含みます。

ジャストサイズのお着物は、着やすく、細く見せることをご存知でしょうか?どんなにうまく着付けても、レンタルには限界があるものです。一つ上の着姿へ、帆を立ててくださることをお待ちしております。

して、着た数だけ、たくさんの想い出を積み重ねてくださいね。」

※画像はイメージです。写真のように風彩染を施すことや、5個の無料柄を増やすことも、一柄5,000円にて承ります。(お写真の着姿はお着物お仕立て上がり298,000円です。)工房にて、お誂えをお楽しみください。

コーディネート

コーディネートは、全国で活躍する四代目加藤洋平と妻の瞳がさせて頂きます。

年間1000人ほどのコーディネートをするとともに、メディアでのコーディネートもさせて頂いております。(徹子の部屋にて服部真湖様・『歌劇』にてタカラヅカトップスター様・ご本人の写真集にてタカラヅカスター様・東京国際映画祭司会服部真湖様・sen-seファッションショー)

TPOや、顔かたちを超えた、貴方ならではの色を見つけさせて頂けるよう、努めさせて頂きます。 洋平のプロフィールはこちらから

ご質問、ご予約、なんでもお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

Follow me!