風彩染一真工房

150年を迎える、その手一つで生きてきた、京都の時の深い場所にある工房です。

 

大叔父。

祖父。

父・母・叔母・叔父たち。

そして、そのまわりで支えてくれた職人さんたち。

工房の職人達

僕らが染めております☆

 

 

明治元年より創業と言われています。

純然たる着物の職人であった大叔父は、東京にいたといいます。

そこに祖父が修行に行ったのだとか。

絵がとにかく達者な祖父は、「素描友禅」をよく染めたようです。

袋帯『素描 竹影』

その味は、今でも生きています。

もう一つ得意な描法が、生地を濡らしながら染める「濡れ描き友禅」です。

それを昇華させて、出来上がってきたのが、今の「風彩染」です。

袋帯『霞』

 

自然そのものを描こうと出来上がった「風を描く染め」、「風彩染」。

商標登録も取得し、唯一無二の染めとなっております。

細密訪問着『永徳梅図』

そして、「風」とは「人の心」ということに至った四代目洋平は、また、違う風彩染を描いています。

訪問着『シンデレラSECOND』

 

受賞歴


  •  第13回作品展「伝統的工芸品産業振興協会会長賞」「京染会賞」
  • 第14回作品展「京都府知事賞」「伝統的工芸品産業振興協会会長賞」
  • 第15回作品展「京都新聞社賞」「京都市産業技術研究所長賞」
  • 第16回作品展「京都商工会議所会頭賞」
  • 第17回作品展「京都新聞社賞」
  • 第19回作品展「京都市産業技術研究所所長賞」
  • 第21回受賞「京都リビング賞」「京友禅協同組合連合会賞」
  •  「2013年」  〇伝統的工芸展入選東京青山にて展示
  • 通産省地方振興補助金事業にて、京都府加悦町に『振袖 千年椿』を創作。文化博物館に永久保存。



女優



テレビ・ラジオ



文化活動

LEXUS New TAKUMI PROJECT 2016年 「匠」 京都代表に選抜

〇京都新聞・読売新聞・朝日新聞にて一ページ独占掲載

作品や技術のことはコチラから


 

着物作家として全国を廻る時のスタンス

 

もともと、純粋なる「染屋」だった一真工房は、寄せ集めの商品を売り歩く「企画作家」ではなく、本当にものづくりの出来る「工房」として、存在感を示しています。

また、「風彩染」という、他ではなし得ない染を武器に、作家性の高い、一目で一真工房の着物と解る「作家もの」としての、ものづくりを続けています。

着物の世界を長く見て、染めてきた歴史は着姿に現れます。

どれだけのものが積み重なっているでしょう。

どれだけ美しい色を、それを着てくださる方が、長く活きるよう染めきれるでしょう。

どれだけ、手をかけることを惜しまず、自分が着る者かのように、ものづくりしているでしょう。

どれだけ、時代に流されず、時代を引っ張り、オリジナルのものを創っているでしょう。

奇抜に過ぎる、着る方を活かさない作家性は求めていません。

かといって、無難な、他でも見れるもの、売るために創られたものは創りたくありません。

今、ものづくりも催事も両立させている中で、いかに着物の世界に必要とされているのか。

生の声が聴けます。

その声が、また、良いもの創りをします。

ありがとうございます。

 

 

 


「作家紹介」

加藤一真・一真けいこ・加藤洋平


 

 

 

 

 

 

 

今は、作家加藤一真・一真けいこ・加藤洋平の三人を表に出し、一真工房の名のもと、手描きのほんまもんを創り続けています。

 

このホームページは、四代目洋平が更新しますので、洋平の染や、催事での着姿、想い、新しい取り組みが多くなりますが、

多くの周りの力に支えられるおかげさま。

 

自由に、思うがままに、努力と言う言葉を使うことなく楽しんで、

着物の世界に何ができるか。

どうやれば、自分を輝かす着物との出会いがこんなに素晴らしいか。

風彩染という染が、いかなるものか知って頂きたい。そして、感動していただきたい。

敷居が高いなんて、プラスの言葉に変えてみせよう。

 

そんな日々を送っています。

 

日々新たになるこのHISTORYに、どうぞ、お目を離されることなく、お付き合い下されば、大変幸せに存じます。