このページのサービスは、一真工房の着物に限らず、お持ち込みのお着物にもして頂けます。

一真工房の「こんなことも出来ます」

 

①アフターケア。お着物の「故障」を「地直し屋さん」が直します。


地直し屋さんって、ご存知でしょうか?

シミや汚れを取ってくれる職人さんです。

jinaosi地直しアフター

こんな感じで、魔法のようにシミを落としてくれます。

一真工房のお着物を受け持ってくれているのも、30年来のお付き合いのある地直し屋さん。

_g4a0130

皆様のお手持ちのお着物も直させて頂きます。

  • 工房持ち込み

  • ご発送(送料はご負担お願いいたします。)

の二つの方法で、お承ります。

というのも、今、地直し屋さんも、仕事が少ないのです。。値段も、非常に安くしてくれています。 

参考費用:ファンデーション+シミ数個

3000円~4000円程度

そして、その値段は、上げられるものではないわけです。(上げれば、仕事が来なくなるかもしれません)かつての時代ならともかく、今は、仕事量が数十分の一。これでは食べていけず、夜から働きに出る方も多いのが、着物の「染める側の」業界です。少しでも、協力したいと思っています。皆様の大切なお着物、是非お直しお任せください。シミだけに関わらず、その他のことも、まずはご相談くださいませ.

故障によってお値段は変わるので一概には申し上げられませんが、職人直通ですから、きちんと、リーズナブルに直させて頂きます。

これを機に、お直しかけて、大切なお着物に袖を通してみられませんか?

ご相談はこちらの問い合わせフォームより、お願い致します。

ご予約は、↓からが便利です☆

クービック予約システムから予約する

②お着物・布製品に、ガード加工もかけられます。


雨や、シミから、大切なお着物が汚れにくいように。また、毛皮や、様々な布製品にもかけられます。

安心と信頼の株式会社パールトーン社の加工です。しかも、パールトーン後の簡単なファンデーションなどのお直しは、無料で承ります!!

パールトーン加工費用

お着物 10,000円  帯 6,000円

③丸洗い5800円

丸洗いを5,800円でいたします。(市場価格7,800円~8,800円)

お着物の洗いは、必ず「着物専門店」にて、されることをお勧めいたします。「浴衣くらいならと、近所のクリーニング店(和服承りますと謳っている)に出してしまい、縮んだ」なんてこともよくあります。きちんと本当に出来るクリーニング店様には申し訳ないですが、本当に頻繁に聞きます。複数枚出される場合、二枚目からは4400円!!でお承りいたします☆

④お家にあるお着物の仕分け、無料にて、お手伝いいたします。

代々伝わるのがお着物の良いところ。

とはいえ、管理をしないと、修復不能のカビが生えたりするのはよくあるお話。

「これから着たい着物」。「思い出として残したい着物」。「直しようのない着物」。と、修繕・仕立て直し含め、お手伝いいたします。

修復可能かどうか拝見して、専門の職人に出し、洗い・お仕立て直しのお見積り・裏地代えのご提案、どうしても取れないシミには絵の描き足しのご提案が出来るのも染工房ならではの強みです!!

あらゆる手を使って出来るだけ綺麗になるようにいたします。


難しかったご利用例その①「腕前で決まる!!」

困難なシミ落とし(難度A級)と洗い張り&仕立て替え(難度C級)


DSC_7247

おばあさま、お母様の代からのお着物、帯とで40着以上ある中から、「今着たいもの」「今後の為に残しておきたい新品の裏地」「後々お仕立てしたいもの」が見つかりました☆

でも、とっても着たかったこの綺麗な訪問着は、残念ながら、シミが黄変して、完全には直らない状態でした。。ですが、一真工房専属の地直し屋さんが、綺麗に直してくれました☆柄入れも考えていましたが、良かった。。少しでも早いお直しをお勧めいたします。年代ものなので、「丸洗い」ではなく、一度解いて反物に戻し、板場にてきっちり洗浄。改めてご本人のサイズに仕立て直します。

地直し15か所(黄変含む)/20,000円(市場価格60,000円)

洗い張り6,000円(市場価格10,000)

仕立て直し/25,000円(市場価格40,000円)

最高級八掛・胴裏新品交換/15,000円(市場価格36,000円)

合計66,000円(市場価格146,000円)

 


難しかったご利用例その②「工房ならでは!!」

取れないシミに、絵で柄足しした例(難度B級)


長年箪笥にあった男性ものの大島紬には、「黄変」という、取れなくなってしまったシミが。。

直しても、費用ばかり嵩んで取り切れないとのことだったので、柄入れでご対応させて頂きました。また、傷のような破れもあったので、「カケツギ」という技法でお直しさせて頂きました。生地と生地と繋いで、傷を見えにくくするんです。

お客様のメッセージ☆
「着物ありがとうございました。とても素敵ですね💕💕お正月に着ると言っていましたので主人も喜ぶと思います。大切に着させて頂きます😊お正月には二人で着ようと思っております✨
参考費用:3か所で約70㎝分/10,000円(市場価格20,000円)

カケツギ一か所約5㎝/10,000円(市場価格18,000円)

 

難しかったご利用例その③「大手術!!」

破れた生地のお取替え(難度A級)とシミ落とし、ほつれ直し(難度C級)

お母様の代から引き継いだお振袖。ところどころにほつれやシミ、さらには、負荷がかかるところには生地破れまで。特に目立つシミを抜いて、膝の部分の大輪の牡丹柄は破れがあったので、

一から生地を染めて、もともとの牡丹をくりぬいて、あてはめました。

加工内容としては、30cmほどの牡丹の花を新しい生地を用意して、そっくりに染める。当時同じ生地は無いので、色々と生地から吟味しました。染めも、出来が良いものを染めるため、5回ほど牡丹を染めました。 (縫い口にまたがっているので、二枚の部分を染め、縫い合わせた時に柄が繋がるようにしました。)

色の調整をして

染め上がった生地を並べてみたところです。そこから、

  • 元々の傷んだ部分をくりぬいて、新しい生地をあてはめる。
  • 継ぎ目は「金駒刺繍」という金の糸のようなもので、隠す。
  • 解いているので、改めて仕立て直す。
  • 日数の為、かなり落ちにくくなったシミを出来るだけ除去する。

そして出来上がったのが、こちらです!!

実は、お直し前、牡丹の右上隣の葉っぱも破れていて、そこは、葉っぱに金駒すると、一枚だけ金の縁取りになり、違和感が出るので、実は、葉っぱの分まで牡丹を大きくしていますが、気付かれましたでしょうか??(気付かれない方が良いのです笑)

あまりに綺麗になって、お母様も、彼氏まで様も含め、すごく感動されたとのこと。良かったです。。

参考費用:柄染め/28,000円 金駒刺繍・染み抜き・仕立て直し/ 92,000円

計12,000円(市場価格は20万円~の見積り)

後日、パーティーにて、ご一緒出来ました☆☆

お直し  振袖

誘って頂いてありがとうございました😆直してもらった振袖もきれて、嬉しかったです👘やっぱり着物って素敵ですね」とのこと。

長いこと見つめていた生地でしたが、やっぱり、着た方が美しい。着物って、そういうものですね。

 

ご相談は、お気軽にお問い合わせくださいね。

まずは、現物をお見せ下さいませ。お見積り無料です。