工房に生まれつき、幼い頃より着物で過ごし、二代目光には毎日のように祇園に連れていってもらっていたそうです。踊りなども嗜み、19歳で華道未生流の師範として教室を開くなど、その多彩な人生から発する着物もまた「着物を良く知るからこその独特さ」を持ちます。本人は、「私は29歳である」とよく口にするが、いたって真面目で、国内線のゲートも29歳で突破したり、多くの組員が加入する友禅組合の芸術家保険に入らない理由も、本当の歳を書かなければならないためなど、
私(四代目洋平)の母ながら、困ったものである。が、「女性は華である。」ということを一生、地でいくことは、間違いないようである。ちなみに実母の二代目光の妻、文子もそうであった。

川上伴市氏に墨絵を師事。
独立し、「染の一真」として染色に従事、のち、加藤一真と共に「風彩染一真工房」ブランドを立ち上げ、図案から仕上げまでする京都でも異色の作家工房となる。国内外の展示会に出品。多数の染色家を指導。

受賞歴


  • 第14回作品展「京都府知事賞」
  • 第15回作品展「京都新聞社賞」
  • 第16回作品展「京都商工会議所会頭賞」
  • 第17回作品展「京都新聞社賞」
  • 第19回作品展「京都市産業技術研究所所長賞」
  • 第21回受賞「京友禅協同組合連合会賞」
  •  「2013年」  〇伝統的工芸展入選東京青山にて展示
  • 通産省地方振興補助金事業にて、京都府加悦町に『振袖 千年椿』を創作。文化博物館に永久保存。

女優