洋平催事デビュー前夜

6月23日。それが、僕のデビュー。

「加藤洋平」という名前で、出ていく最初の催事。

その日の為に、作品も創りました。
心の準備を整えて。

頼れる人は、誰もいない。
頼れる人は、一から創る。

初日。

会場作り。

3時間後、ほぼ終わったトコで、えらいさんからのダメだし。
「こういうのは、むかしの田舎の呉服屋の並べ方だよ」

鶴の一声、
総入れ替え。

「うっそ~今からこんなに直すのかよ~」

というオーラを出しながら隠す人もいたが、

僕は、素直に聞きました。

だって、的を射てるから。

うちの為にやってくれてはるのが良く分かったから。
喜ばしいことです。

さらに二時間半後、色々考えながら、一緒に創って、出来上がったうちのコーナーは、

平積みしてあるきもの会場のイメージを塗り変えて

いままでのどの記憶とも違いました。

二メートルを超える看板や、僕の顔写真の入ったアクリルボードまで創ってくれてはりました、そのえらいさん。

大事にします!!ありがとうございます!!!

ここに、守り神のこの子を乗せて、

____________乙女心に従って、語る作品を創る。_______________

僕のデビュー戦が始まります。

心に決めていることが一つ。

「来てくれたお客さん全員に、笑顔になって帰ってもらおう。」

売り上げは、二の次です。人を笑わせて、幸せにすれば、結果はついてきますから。

毎日、この言葉を念じてから、出発しました。

決戦前夜。
自分が何を出来るか確認しながらの夜でした。

フォローしてくださると、喜びます☆

前の記事

洋平催事デビュー☆☆

次の記事

催事と永松先生