新入社員募集(営業)

こんにちは、四代目に当たります、加藤洋平です。

 

新入社員の募集をしたところ、幸いにも何人もの方にご応募頂きました。

有難うございます。

 

ただ、全員職人志望なのですね。これでは、作ったは良いものの、販売を他人に任せるか、問屋に買い取ってもらうかとなり、好きな着物を創ること自体が出来なくなっていきます。

ということで、

「営業募集!!!」

です。

 

と言っても、着物の営業とはなんぞや、という話だと思います。

この記事では、今の実際の営業内容と、僕の想う広がりを書きたいと思います。

 

営業:今やっていること

営業と言うと、セールスみたいですが、確かにセールスなところもあります。なにせ、美術館ではありませんから、お買い上げいただいて、着て頂いて、「良かったよ!!」と仰って頂いて、初めて着物創りは完了します。

営業の大きな柱は、「催事」です。

これは、全国の呉服屋さんに出張に参ります。だいたい初日が説明会と会場設営で、そののち4日か5日の催事期間があり、その間は一真工房展となり、呉服屋さんの顧客さんを100人以上お呼びくださり、展示即売会となります。人気が出た先では、毎年お呼びくださり、お客様や店員さん方との再会が楽しかったり、毎回新しい場所、人に会うので、刺激が尽きることはありません。

そこでする一番大切なことは、「着物の説明と、その方にお似合いになるものをご提案すること」です。

着物は、置いているだけでは、お客様も、ご自身に似合われるのか分かりません。センスが問われますが、だからこそ、やりがいがあります。そして、着物の説明は、その場の誰より一真工房の着物について詳しいわけですから、きちんと勉強すれば、頼られる存在になれることは間違いありません。

ただ、この業界には、営業の方でも、たいして詳しくない方もいらっしゃいます。逆に、詳しいけど、コーディネートのセンスの無い方もいらっしゃいます。個性的な方、温和な方、話し方、お客様への接し方も様々です。

私がこの業界に初めて入ったとき、父や母の手伝いで、催事に行きました。

何も知らないところから始め、周りの店員さんの方が知識がある中、私が大切にしたのは

「まずは、その場で自分しかできないことを見つけよう」ということでした。父になることも、母になることも、店員さん方と同じようになることも、一朝一夕では出来ません。

長所は短所を埋めます。短所も放っておいてはいけませんが、まずは、工房を代表して行くのですから、店員さん方と同じことしかできないならば、逆に言うと、意味が無いわけです。

ちなみに私は、よく喋っていました。着物のことより、プライベートなことを。漫画も描いていて、様々な場所に取材も言っていましたから、人が好きなもので。

お客様と仲良くなり、きものの話は知っていること総動員、あとは、必死に動いていました。

大切なことは、「着物だからカッコつけること」では無いと思うのです。

勿論、最初は私たちと一緒に行きます。私が催事において一人立ちしたのは、20会場くらい父や母と回った後だったと思います。ただ、不思議なもので、一人で行きだすと決まった初の催事で、その呉服屋さんで記録に残る大ヒットを飛ばしたので、人間、自立心が大切なのはもちろん、実際そういう状況になるのが大切なのだな、と思います。

着物は常に「人」がその真ん中にあります。

自分勝手ではいけませんが、自分の個性を最大限に活かせるのが着物の営業かと思います。

 

営業:自分の努力次第で増やせるチャンス

たとえば私は、タカラヅカのトップスターさん、スターさんのお着物も創ります。服部真湖さんには徹子の部屋で着て頂いたり、東京国際映画祭の司会で着てくださったりもしましたし、LEXUSとのプロジェクトで様々な方にもお会いしています。

勿論、その他にも自主的に出かけた先で、様々な素敵な方々に出逢わせて頂いています。メディアにも出させて頂いたりと、催事以外の楽しみもとても大きいです。

ちなみに、父の代でも、紅白歌合戦やドラマの衣装、文化博物館に永久保存など、様々な活躍があります。

それは、一般的な呉服の営業には無いことなのですが、私は、様々な縁が広がることをとても大切にしています。

着物というのは、どんな方にも会いに行けるツールなのです。

ただ、そのためには、求められることは、催事場で必要なこととは比較にならないほど大きいです。

たとえば催事場には、そのお店の方々がいらっしゃり、コミュニケのあるお客様がいらっしゃいます。我々は、その催事期間だけそこにおりますが、たとえばお着物のメンテナンスやご納品、着付けを教えてあげたり、日々のコミュニケーションなど、催事期間には見えないことが山ほどあるわけです。

それを自分たちでするだけでも大変なことですし、もちろんもっと、色々なことがあるわけです。

私も、日々勉強だと思っています。けれど、とても面白い。

私の場合は、自分で染めて、自分で説明できるので、それも、業界でも珍しい若手と仰って頂けております。

だから、拓く道もあるのだと思います。京都でもなかなか誰も出来ないであろう工房体験を企画したり、お出かけ会を7年ほどしていたり、着付け教室をしたりと、工房としてなかなか出来なかったことを増やしてきました。

どちらも根強いファンの方々がついてくださり、他県からいらっしゃることもとても多いです。

メディアが入ったのも、お出かけ会の取材がきっかけでした。

自分が良いと思って始めたことが、次の道を創る。

これを読んで下さって、ご応募して下さる貴方が、どんなカタチを創るのか。

それは、これからのお楽しみです。

工房について・給与・連絡先などについて

こちらの記事に、職人募集含め記載してありますので、ご覧くださいますよう、お願い致します。

◯新入社員募集

 

 

 

 

 

 

フォローしてくださると、喜びます☆