着物の買い方イベント

大好評につき、「着物の買い方・染め編」再び行いまーす!!

皆さま真面目。。

内容は、ものづくりと販売現場両方知る僕だからこそ出来る「知識」と「実際染める体験」のイベントになっております!!一真工房四代目洋平のプロフィールはこちら

【プログラム】

100年使っている工房にて。

  • 証紙の付く本物のぼかし染めと、手間を省いたぼかし染めの差
  • 水墨画と、なんちゃって水墨画の差
  • 手描き訪問着に見える型染めの見分け方
  • (仮)ロウケツ染めとなんちゃってロウケツ染めの見分け方
  • 手で染める型染と、機械の型染めの見分け方
  • (仮)その他、時間によりけり

【概要】

着物の目利きになるための、実演と染めの実体験を踏まえた講座です。
まずは、業界の人間でも目利きになるのが困難といわれる染め物編。

【目的】

一真工房のものではなく、巷でよく見る着物たちです

たとえばこの三枚の着物、染め方を見ただけで分かるようになります。

その分野に関しては、一般的な呉服屋さんより詳しくなって頂きます。
それぞれの技法の優劣をつける訳でなく、違いを見分けれるようになって頂きたいと思います。

なにかをディスる会では無いので、ご理解お願いいたします。

【日時】2020年4月18日13時~17時
【集合】西院駅
【定員】10名
【参加費】5,000円
【服装】体験で、工房内で汚れる可能性もあるので普段着をおすすめいたします。

自分の目でお着物を選ぶ

きものを買いに行くってハードなことですよね。

僕は、女性ものの洋服を選ぶときに思うんです。

何が似合う?TPOには合ってる?本に書いてあることは分かったけど、同じものが置いてあるわけじゃない。

目の前のこれは、なかなかお高いものだけど、なんでなんだろう?一生ものなら良いものが欲しいけど、これとこれの違いは何??

ものを選ぶのは、最後は「これを好きと思ったから!!」で良いと思うのです。しかし、着物に限らず、(僕なら例えば車の修理みたいなもので)知識を完全に売り手に任せている状態。「良いものです」と言われれば、「何がどう良いの?」と気になってしまいます。自分の目で確かめたい。納得してお金を出したい。

騙されるなんて、もってのほか。

普通はあんまりないんですけど、「アンティーク屋さんで結城紬を勧められてて、良いなと思い選んだ。しかし帰ってタグをよく見ると、西陣で織られた結城紬に似せたものを売られていた。」とか、「アンティーク屋さんで帯を購入したら短かった。お店に言うと、帯はこの長さだと言われる。ところが、そんなことはなかった。」とか、「呉服屋さんで、作家もののローケツ染めだと聞いて袋帯を購入した。店員もそう思っていたらしいが、後日、ローケツではなく、カッティングシートのアクリル吹き付けの簡易な染だと分かった。」など、あったりします。嘆かわしいことですが。。

買う側に知識をつけることで、そういう輩を排除したいと思ったりもするわけです。

着物のお値段の相場と言うのは、正直難しいです。

仕事量で判断することは可能です。しかし見た目の仕事量だけが全てと限らないこともあります。

それより僕が一番大切にしたいことは、

「これは何?どういうつくりのものなの?こだわりのポイントはあるの?」と聞かれて、説明できる責任感のある店員さんが全国で育ち、安心して知識無くても買えるものになればと思うのです。

そのためにも、消費者の皆様が知識を付けて、業界を鍛えてくださればと思っております。

 

前回ご参加の方のコメント

質問が飛び交いすぎて、イベントは大盛り上がり。真面目な内容なのに、あっという間でした。

 
○奈良の灯り作家さん
加藤さん、今日は本当に長い時間ありがとうございました!
とっても勉強になりました。【引き染め】と【吊り染め】【型染】と【手描き】
違いがわかるようになったと思います。サービス精神旺盛な先生に感謝です。
ひとみさんもお綺麗で可愛くて素敵でした♪
体験付きで本当に素晴らしい内容で勉強になりました!
初歩的な質問にも答えて下さりありがとうございました😊
 
○漫画家さん
今日は素晴らしい会を本当にありがとうございました❗✨✨✨
非常に勉強になり、着物にすごく興味がわきました。今日伺った内容をこれから漫画の中に取り入れて、日本中の読者に着物の良さを分かってもらえるよう頑張って描いていきたいと思います☺️
本当にありがとうございました❗
 
○福井の事務職さん
昨日は『 着物の買い方講座(染物編)』に参加してまいりました(*’ω’ *)
手描きに摺り、エアブラシでの彩色。
染料と顔料の差。
地色の吊り染めと引き染め。
違いを色々体験しながらまなぶことができましたー(*’ω’ *)
体験では、引き染めにしろ、手描きにしろ。やっぱ職人さんはすごい。の一言に尽きます(笑)
今度の着物屋さんの催事で着尺をみるのが今から楽しみです(笑)
 
○京都の仕立て師さん
 
こんにちは。 日々、仕事で着物を触っていますが、どれが本当に良いものなのか?の目利きは全く出来ていなかったので、今回は大変勉強になりました。 説明だけではなく、実演を交えつつ、手法の違いから出来上がった商品まで見れて、とても納得できました。本で読むだけでは、やっぱり分からないことはあると思いますので… 作品もたくさん見せて頂き、ありがとうございました!どの作品も月並みな言葉で申し訳ないですが、とても綺麗でした… お話のテンポ良く、時間があっという間でした。こんなにお話上手な職人さんもいらっしゃるんだなと、ちょっとビックリしました… また、機会がありましたら参加出来たら良いな~と思っています。 本当にありがとうございました!
 

たのしい着物ライフを送られてくださいね~!!!お会いできるのを、楽しみにしております!!

Follow me!