男性着物

創りました。

個性を活かした御着物を。生地は、結城紬。染め方は、一真工房の四本縞に、特殊な技法で柄を描きました。

風彩は入っていませんが、その方の「風」を感じながら、図案を描き、色を決め、柄を考えました。

字を書くアーティストなので、かつ、あっさり字と見られてはいけないという気持ちがあるようなので、

「高野切」から文字をデザインし、描きました。

「おもい(想)」と「えにし(縁)」という言葉が入っています。

そして、どこかに隠し柄が。いくつかあります。

着姿です。

羽織も着物も帯も全て創らせて頂きました。背中には、彼オリジナルの紋も。

足袋も、注文品です。

帽子は自前。

こういうのは、大正時代のようで、素敵かと思います。

若い方が着物を着る。

印刷でも、簡単な作りでもないものに触れる。

それは、とても大切なことだと思います。

文化を守る、というのは、堅苦しいことじゃないと思います。

触れたら、惚れるのですから。

触れる機会を増やすため、頑張ります。

 

フォローしてくださると、喜びます☆

前の記事

池袋にて、再会と出逢い。

次の記事

東京から京都へ。出逢い。