『やんごとなき一族』松本若菜さん演じる美保子のお着物提供

今日からオンエアの『やんごとなき一族』第一話!!皆様ご覧になられましたでしょうか??

このドラマは、超財閥が舞台のお話なので、お着物がたくさん出てきます。

 

その中でも、このシーンは、一真工房のこのお着物でなくてはならない!!

というシーンでご使用いただきました。

 

やんごとなき一族第一話の松本若菜さんの桜の着物

 

松本若菜さん演じる美保子は最高です!!

着てくださったのは、松本若菜さん!!主人公最大のライバル義姉「美保子」役です!!(お写真は公式ツイッターより松本若菜(@wakana_ma)さん / Twitter

個人的には号泣しながら観ていたドラマ『コウノトリ』から注目していた女優さんなので、それも嬉しいです。

 

また、原作ファンでもある僕からすると、現在11巻刊行中のこのドラマの中で、最もお着物にスポットが当たる、ただ着ているだけのシーンではないというのが嬉しいものです。

この後ネタバレします!!

 
 
ご覧になった通り、あのシーンのお着物にふさわしいものをご用意しました。
 
 
 

総手描きのお着物

このお着物は、創業155年の一真工房にて、「風彩染」と、「カチン描き」という、一真工房でしか染められない総手描きの技法で染められています。

一真工房四代目洋平のドキュメントムービーはこちら

「一真工房」四代目 着物作家・加藤洋平|テレビ番組-京都知新 (kyoto-chishin.com)

詳しくはこちらから↓

現代は、桜の柄の着物が歴史上最も多い時期。

一真工房にも、様々な桜のお着物があります。現代では、「枝のついていない桜は年中着れる」というルールが作られつつあるからです。

しかし、『やんごとなき一族』の世界では違います。

「満開の時に、満開の桜の着物を着るのは無粋である。」

着物の柄は先取り。そんな言葉はよく知られるところでもあります。

現代の新ルールをひっくり返す小気味の良いエピソードは、ただ着物を着るだけではない心を伝えるシーンでもあります。

 
 
 

華が舞い、水辺に浮かぶ「花筏」のお着物。

こんな限定された柄は、なかなか製作もされません。

花筏の着物をあえて着たように、「季節先取りをする」というのは、自然に咲く花々に「敬意を表すこと」なんじゃないかな

 
そんな風に僕は思います。
 

そして、なぜ今回ドラマ衣装として選ばれたのか

今回のいきさつは、原作者のこやまゆかり先生から☆

 

先生の初着物は風彩染であり、初オーダーメードは、僕が一年かけて染めさせていただきました☆

 
先生の感性とラフ画を着物に落とし込んでいく作業は、まさに僕らならではのことだったと思います。
このお話はまた別記事にて☆先生のラフと、どんなお着物かは、お写真ちらり☆
 
 
完成して、めちゃくちゃお喜びくださり、本当に嬉しいご感想頂きました☆
詳しくはこちらの記事をご覧ください☆
 
 
 
 
そして、同時に、ドラマの制作が決定になり、プロデューサーにお伝えくださり、今回の流れにもなりました☆
 

 

本当に、素敵な物語だし、こやまゆかり先生自身、めっちゃくちゃ素敵な方なんです。
 

 

今回、原作者、こやまゆかり先生もいらしてくださったイベント、「着物の買い方講座」を、5月4日、14日の2回行います!!

実演と体験を交えた白熱したイベント内容に加え、お衣装のお披露目もいたしますので、どうぞいらしてください。2022年5月4日・14日の各回限定5名の枠です。
 
工房では空気清浄機や消毒に加え、窓を開放し、感染対策に努めております。
 
詳しくは下記に。
 
 
このドラマ、そして、原作。
 
 

原作は、熱くて僕は泣いちゃってます。

これ、ひいき目じゃなくて、普通に面白い漫画なんで、ぜひご覧ください。

僕、元漫画家志望ですし、漫画好きなんで、面白くないものに面白いとは絶対言わないんで。

23歳頃?の適当な設定の絵

 

23歳ごろ?の扉絵☆

このお着物も、松本若菜さんのサイズに合わせて、柄足ししてあります。

テレビ撮影オファーは突然のもの。日程も、定かでない中、撮影初日にとりあえず間に合わせたいという無茶ぶりのなか(笑)お仕立て屋さんにもご協力いただき、特急でサイズ縫い直してもらいました。

そんな時、こういう大作で困るのが「合口(あいくち)」です。

合口とは縫い口のことで、手間のかかる大作ほどそこに柄がたくさんあるものです。

仕立て直しで一度は途切れた柄たちを、すべて直しました。直した後の写真しかないですが、間に合わせるために、深夜にコツコツ。。(笑)

一般の方なら、腕の長さによっては合口ずれることもあるんですが、このキャラクターは、そんなの別注してでも絶対直すと思うので、こだわりました。

 

こちらのお着物、工房見学でご覧いただけます&レンタルも出来ます!!

 

レンタルをご希望の方はこちらから↑

工房見学や試着体験はこちらから↓

 

ちなみに、土屋太鳳ちゃん演じる佐都の長襦袢もうちのです。

勿論、様々なオーダーも、お待ちしております!!

オーダーメイドはこちら

お問い合わせ、工房でお会いできることを、心からお待ちしております!!

お問い合わせお待ちしております

 

インスタフォローも、よろしくお願いいたします☆

Instagram(ユーザーネーム: @kimono.fusaizome.yohei)を使っています。アプリをインストールして写真や動画をチェックしてみてくださいhttps://www.instagram.com/invites/contact/?i=17brwqstq7szb&utm_content=1ekpw9i

 

いやー、しかし、松本若菜さん、最高やったな。。。ほんまに。。

さらにファンになりました。この後も、目が離せない!!

関連記事

LEXUSに京都代表に選ばれた匠のいる工房

PAGE TOP