北海道にて出逢い

一昨日まで、北海道にいました。

たくさんの方と出会い、わずかな方と、お話が出来ました。

いつもは父・母がお世話になっているところなのですが、

以前、一真工房のお着物をお求め頂いた方は、お仕立てして着てくださり。

お土産を持ってきてくださる方もいらしたり。

また、初めてお会いして、私、洋平のファンになってくれた方もいらっしゃり。

とっても良いご夫婦が、お着物も、帯も、風のショールも、小物も持ってくださることになり、
この方達が、また、職人の心を解してくださる方々なんです。

またお会いしたいなあ。
染めるところも、是非見ていただきたいです。

お母様、お姉さま、弟さま、

家族3人、お着物で来てくださった方々もいらっしゃったのですが、

まだ22のその男性も、僕の着物を見て、「青い着物が好き」とおっしゃるものですから、
ひらめいた取って置きの色をお見せしました。

 

 

もちろん、僕のお着物とは違う染です。

その方の個性がありますから。

最初は、これが自分に似合うのかな?という反応。
いざ、仮着付けをしてみると、
さっきまで、言葉少なで、
実はこだわり派で頑固な彼が、

「これ、すっごいよいです。」

と褒めてくださいました。

本当に、嬉しいことですね。

それでは、また。

寒くなって参りました。

皆様、お体の調子を崩されること無く、お過ごしくださいませ。

150年以上続く着物作家はほぼいません。見逃さないでくださいね。

関連記事

PAGE TOP
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。