お振袖→訪問着へ変える方へ

こんにちは。

お振袖を訪問着へ変えるときのことについて、ご料金と共にご紹介いたします。

ご結婚されたのちは、袖を短くして、訪問着として着ることが出来る柄行のものですと可能です。

ご自宅のお振袖のお持ち込みの場合は、適しているかなどのアドバイス、帯選びや小物のアドバイスもさせていただきます。

一真工房のお振袖は、訪問着用に裁つことも考えて、図案化されております。

また、色目も品格がありますので、長くお召しになることが可能です。

お問い合わせはこちらまで。

 

お振袖袖直し

 

生地を中に折りたたみ、後々またお振袖としてご活用できるように

19000円

(国内手縫い仕立て)

生地を裁ち、訪問着としてだけご着用 13000円(国内手縫い仕立て)

※お振袖・長襦袢共に同じご料金となります。

中に折りたたむ場合は、通常二枚の生地でお袖が出来ているものが、倍の厚みになります。かなり厚手になりますので、見かけにも厚ぼったくなることはご承知おきくださいますよう、お願い致します。長襦袢も同じくですので、長襦袢はご新調をお勧めいたします。

 

色替えのご相談

お嬢さま時代に着られたお振袖を、染め直すことも可能です。「職人直通のリーズナブルさ」と、「染めの確かさ」と、「着物作家のセンス」で、洗練された染め替えを致します。もちろん一真工房以外のお着物も歓迎です。

お振袖→訪問着へ

お問い合わせはお気軽に

フォローしてくださると、喜びます☆

次の記事

着物の奇跡のお話。